Dramatic Railway

阪神電車 Key Words(歴史編)

ちょっと気になる阪神用語を順不同で解説してみました。 
併用軌道線【へいようきどうせん】 国道線、甲子園線、北大阪線の総称で、ほぼ全線が道路上に敷設された軌道でした。
⇔新設軌道線【しんせつきどうせん】
杭瀬連絡線【くいせれんらくせん】 本線と国道線を結ぶ短絡線で、尼崎海岸線や武庫川線が併用軌道線用の車両で運行
されていた当時、浜田車庫と始発駅間の回送に用いられていました。
尼崎海岸線
    【あまがさきかいがんせん】
本線出屋敷駅と東浜間を結んでいた路線で、後に地盤沈下のために東浜〜高洲間を
廃止。更に国道43号線(第二阪神国道)の建設に伴う用地供出のため、全区間廃止と
なりました。当初は今津まで結ぶ構想もあったようです。
尼宝線構想【あまほうせんこうそう】 阪急との勢力争いが激化していた1920年代、尼崎と宝塚を結び梅田まで直通運転を
行う計画が立てられていました。(尼宝電鉄への出資)結局軌道としては成立せず、
用地を道路として整備し、阪国バス専用道路として使用されました。現在では阪神バス
が一般路線として運行しています。
伝法線【でんぽうせん】 阪神なんば線の前身は、大物〜伝法間の支線であり、当時は伝法線と呼ばれていま
した。後に千鳥橋まで延伸した際もこの名称は変わることなく、昭和39年に西九条まで
延伸したのを契機に西大阪線と改称されました。
武庫川車両【むこがわしゃりょう】 かつて武庫川線洲崎近くにあった車両工場で、正式名称は兜酔ノ川車両工業。阪神の
完全子会社であり、阪神車の製造〜メンテナンスを一手に引き受けていました。
現在は解散され、阪神車両メンテナンス鰍ニしてメンテナンス部門のみ残す形となりまし
た。(所在地は尼崎車両基地内)
阪神パーク【はんしんぱーく】 甲子園球場向かいにあった、家族向け遊園地。レオポン(ヒョウとライオンの混血種)で
有名でした。阪神大震災で被災し、一時再開されたものの来場者の低迷が続き廃園と
なりました。現在、跡地はららぽーと甲子園となり、併設のキッザニア甲子園では阪神
電車の「お仕事体験」が大好評です。
(以下順次追加予定)
 
HOMEへ /歴史編 /車両編 / 運転編 / その他